アイランドキッチンのメリットとは

アイランドキッチンの寸法はより快適な家事に重要なポイントといえます。最近人気を高めているのがアイランドキッチンですが、アイランド(ISLAND)とは「島」の意味です。文字通りキッチンを島のように周囲から取り囲めるように設置したものです。

キッチン
このアイランドキッチンのメリットはなんと言っても四方から作業ができるということです。従来のキッチンは壁に向かっており、背を向けて黙々と作業をするというイメージが強いものでした。

しかしアイランドキッチンでは顔を合わせながら作業ができるだけでなく、キッチンを取り囲みながら友人や家族みんなで作業ができるのです。

四方から利用できるため、正面を「フェイス面」、両側を「サイドL面」「サイドR面」、背面を「FW面」、表面を「トップ面」といった名称がつけられることもあります。

最近ではリフォームの際にアイランドキッチンを採用する家庭が増えていると言われ、急速に普及が進んでいる状況です。

アイランドキッチンの寸法はキッチンレイアウトの大切なポイント

このアイランドキッチン、複数での利用を前提に作る必要があるため、寸法が重要になります。作業をしていて窮屈な思いをしたり、導線上支障をきたすようでは意味がないからです。

アイランドキッチンの寸法として一般的なものは3000×1000×850、2500×1000×850、2700×1000×850、3000×900×850などがあります。またより省スペースな幅が1200〜1500程度のものがあります。

アイランドキッチン
アイランドキッチンの寸法の際、注意が必要なのはスムーズに動き回れる周囲のスペースの確保です。これは一般的に750mm程度は必要とされ、設置する際には部屋の広さ、周囲の家具などをよく考えでアイランドキッチンの寸法を考える必要があります。

標準的な横幅2000mm以上のアイランドキッチンを設置する場合には3300mm程度の間口、2400mm以上の奥行きが必要になります。また、食器棚、作業台、カウンターなどは奥行きが浅めのものを選ぶなどの配慮も必要でしょう。

このように、アイランドキッチンを設置する場合には部屋の広さや冷蔵庫や食器棚などのスペースをよく考慮する必要があります。快適に作業ができるかどうかはアイランドキッチンの寸法いかんにかかっているといってもいいでしょう。

また、部屋の中心部分に給排水設備、電気やガス設備を設置できるかどうかのチェックも必要です。アイランドキッチンの寸法だけでなく、設置の前には入念に下調べをし、環境をよく踏まえながら間取りなど検討する必要があるでしょう。

アイランドキッチンのカタログやショールームなどで実際の実例や使い勝手をチェックするのが一番いい方法だとおもいます。さらに割引の交渉など価格面でも安い物件に巡り合える可能性もありますから楽しみながらチェックして見てくださいね。