大夏柴犬とは

大夏 柴犬とは大夏祭りで出会った柴犬のことです。いろいろなお祭りが各地でありますが、人の集まるところでたまに仔犬が販売されているようで私の住む地域では子犬の販売をしてるお店がよく出ていました。

なので、大夏柴犬って私の地域の勝手なネーミングだったりしまりしますが、なぜか子供の頃そんな風に呼ばれていたのを覚えています。本当の名前というか犬種は一体何になるのでしょうか・・

そういったことで柴犬に興味があったのでいろいろ調べてみました。柴犬は、原産国は日本、立ち耳、巻き尾、かっちりとした体できびきびとした素早い動作が特徴です。

刈り取った芝の色に被毛の色が似ていることから柴犬と呼ばれたとする説や、芝の中を巧みにくぐり抜けながら獲物を追ったことで柴犬と名づけられた説、あるいはシバとは小さいものを意味する言葉であり後から柴の文字をあてたという説もあります。

柴犬は日本犬の純血種6種類の一つで、昭和11年に国の天然記念物にも指定されています。大夏柴犬も忠実な犬のような感じでしたが、大胆でありながら沈着冷静、確かな判断力を持ち、無駄吠えがない、室内でも飼育しやすい、日本犬独特の自主性と他人とは距離を置く柴犬の資質は、小型の愛玩犬や洋犬に見られないということみたいです。

大夏柴犬がどの種類かわかりませんが、柴犬の種類には、現代種(新柴犬)と古来種(縄文柴)と呼ばれるものがあります。現代種はペットとして飼い易いように、小ぶりになるよう交配されたもので、体長はオスで38〜41cm、メスで35〜38cm、体高40〜45cm、体重オスで9〜11kg、メスで7〜9kg、小さいながら筋肉や骨格はしっかりしています。

大夏 柴犬は豆柴だったのだろうか・・

顔はたぬき顔と呼ばれていますが、鼻から額にかけての段差がはっきりしていて、目が奥にあり口吻が小さいのが特徴です。古来種は、体長オス42〜45cm、メス39〜42cm、体高40〜45cm、体重オス10〜13kg、メス9〜11kg、狼の血筋が強く、スリムで狩りに適した体型で気が強いですが、飼い主には忠実な性格、暑さ寒さに強いです。

顔は狼・きつね顔で体同様に引き締まっていて、口吻が現代種よりも長く、鼻から額にかけての段差がほとんどありません。そして、目の色素が現代種よりも赤色が強くやや手前に目が出ています。

柴犬の毛の色には、赤・胡麻・白があり、日本にいる8割がスタンダードカラーの赤で大夏柴犬も赤が多かったです。また、柴犬の尻尾は、腰の上で大きくカールした巻き尾と、腰に巻かずに乗る刺し尾に大きく2分されます。

よく豆柴というのを耳にしますが、実際には豆柴という種類はないそうです。小柄な柴を交配させたことにより生まれるものですが、遺伝子的には安定せず、豆柴のはずなのに普通サイズに大きくなってしまったという例も多いようです。大夏柴犬って新柴犬だったのか縄文柴だったのか、今頃になってふと気になってしまいました。