塗膜防水 メッシュ素材

塗膜防水のメッシュ素材の使用が増えています。屋上やバルコニーがある建造物の場合、雨による侵食を防ぐために防水加工が必要になることがあります。これを怠ると鉄筋が露出したり、そこに錆が生じたりと強度に問題が生じることがあります。

防水加工にはいくつかの方法があります。有名なものとしては塗布防水と塗膜防水の2種類が挙げられます。塗布防水というのはシート防水とも呼ばれ、文字通りシートを塗布することで防水の効果をもたらすものです。

この方法はコストが安く、また柔軟性に富んでいる耐摩耗性に優れているなどのメリットがあります。その反面、シートのつなぎ目が重なってしまうなど美観を損ねたり、シートが劣化した場合はすべて交換しなければならないため、コストがかかるといったデメリットがあります。

一方、塗膜防水の場合は液状の材料をローラーやハケなどによって表面に塗る方法です。この方法だと塗布防水のようなつなぎ目ができずに美しく仕上げることができる上、加工を施す範囲が複雑な形状をしていても対応できるなどのメリットがあります。

メンテナンスも楽で、重ね塗りするだけで防水性を維持できるのも魅力です。ただ作業に時間がかかること、作業を行う者の技術が問われるなどのデメリットも指摘されます。

塗膜防水 メッシュ加工

このように、一長一短のあるこれらの防水方法ですが、一般的には塗膜防水の方がより優れているとされています。そして塗膜防水の方法も進歩し、より効果的なものが登場するようになっています。

その代表的な例が塗膜防水のメッシュ加工です。この塗膜防水のメッシュ加工というのは表面に塗膜作業を行った後にメッシュシートを貼り付けることによってさらに防水効果を強化するものです。

このメッシュシートは、塗膜防水のおもな材料として使用されるウレタン樹脂の含浸に優れているのが特徴です。また適度な硬度や滑らかさがあるため、仕上がり後の外観が通常の塗膜防水に比べてさらに美しくなるという長所もあります。

メッシュシートの素材はおもにガラス繊維、あるいはポリエステルなどが使用されています。このように、塗膜防水のメッシュは耐久性、防水性、そして仕上がりの美観と本来持っている塗膜防水のメリットをさらに強化してくれるものです。

どうせ防水加工を行うのなら効果の高いものにしたいもの。その思いに応えてくれるのが塗膜防水のメッシュ加工だといえるでしょう。今後塗膜防水の方法として普及が進んでいくことが予想されます。