アイランドキッチンで動線をコンパクトに

アイランドキッチンは動線をコンパクトに、そして作業効率を高くすることができる設備です。アイランドキッチンの「アイランド(ISLAND)」のこと、従来の壁に向かってキッチンを設置する方法とは異なり、部屋の中央に設置するタイプのものです。

キッチン
文字通り部屋の中央に島のように設置されることからこの名称がつけられています。

快適な居住空間と、効率のよい作業性を実現するためには配置が重要になります。とくに人や物が移動する動線の効率化は至上命題といえるでしょう。いかに無駄な動きを少なくできるかが快適な環境の実現に大きく左右することになります。

アイランドキッチンは動線を効率化できる設備です。アイランドキッチンは四方から作業ができるのが最大の特徴です。

壁に向かっているキッチンでは一方からしかできず、動線に無駄が生じることが多いものでした。

アイランドキッチンは動線のそういった問題点を解消することができます。周囲に冷蔵庫やカウンターや作業台を設置することによってより効率よく作業を進めることができるのです。

また、四方から作業ができることで複数で協力しやすいというのも重要なポイントです。従来のキッチンではひとつのライン上で作業する必要があったため、動線に無駄が生じたものです。

それに比べアイランドキッチンは導線が四方にあるため、向かい合って作業ができるなど大きなメリットがあります。

アイランドキッチンで動線を自由に

中央に配置し、室内に目を配れることで家族や友人と対話をしたり、小さな子どもがいる場合は調理中にも目を配れるということも重要なポイントです。

アイランドキッチン
背を向けて調理をして時折会話をしたり、子どもの様子をチェックしたり…だと動線に無駄が生じますし、効率も落ちます。この点でもアイランドキッチンは動線を効率化できるシステムなのです。

このように、快適な空間、作業効率に適した環境に適したアイランドキッチン。より開放的な雰囲気を演出できるとあって最近人気を博しています。リフォームで新たに導入する家庭も増えているようです。

ただ、その際に注意が必要なのはスペースの確保です。せっかくアイランドキッチンにしたのに自由に動き回れるスペースがないのでは動線のメリットがなくなってしまいます。

部屋とアイランドキッチンの寸法のバランスも重要ですが、冷蔵庫や収納棚のサイズなどもよく考えて設置することが求められます。

作業効率が向上し、しかも家族や友人と対話をしながら作業できる。アイランドキッチンは理想的な環境といえます。導入する際には最大限そのメリットが活かせるようにしたいものです。