チームマイナス6%のリストバンド

マイナス6%のリストバンドが注目を集めているようです。地球温暖化をはじめとする環境問題が深刻になっています。すでに影響は目に見える形で現れるようになり、対策はまさに待ったなしの状況といえます。

とくに二酸化炭素排出量の削減は危急を要するものになっています。そんな状況に対して国に挙げてさまざまな対策を打ち出していますが、同様に民間でも企業やNPOなどがあれこれと行動に出ています。いまや環境問題は国民ひとりひとりが認識し、行動に移す時代になっているといえるでしょう。

2008年は2005年に発効された京都議定書で定められた削減目標の第一約束期間の最初の一年です。日本では温室効果ガス排出量を1990年から6%削減することを目標にしており、それを目指してさまざまな活動を行っていくことになります。

この1990年から6%削減を目指す活動を「チームマイナス6%」と言います。まさに国を挙げての一大プロジェクトといってもいいでしょう。そんな活動の一環としてマイナス6%のリストバンドがあるのです。

マイナス6%のリストバンドとは

マイナス6%リストバンド
マイナス6%のリストバンドとは野球のグッズです。プロ野球界でもこれまでよりもスピーディーな試合を行うことで試合時間を短縮し、照明などで排出される二酸化炭素などの量を削減しようという活動を行っています。その活動の一環としてマイナス6%のリストバンドがあるのです。

このマイナス6%のリストバンドは温暖化防止運動を象徴するカラーであるグリーンを基調にしたもので、中央には「野球の力で温暖化をストップ」という文字が書かれています。現在このリストバンドを選手は試合中に着用し、活動をアピールしている状況です。

マイナス6%のリストバンドは市販もされており、1個500円で購入できます。球場や、オンラインショップで取り扱っています。これを購入すると1つにつき100円相当がグリーン電力購入、あるいは二酸化炭素削減のための植樹活動に使用されることになります。

現在、プロ野球のシーズンは佳境にさしかかり優勝争いが激化している状況です。予定ではセ・パ両方のクライマックスシリーズ、そして日本シリーズの第1戦、第2戦において選手がマイナス6%のリストバンドを着用することになっています。

球場で、テレビの前でマイナス6%のリストバンドを着用しながら応援すれば選手との一体感を持つことができるでしょう。そしてともに温暖化防止の大切さを確認することができるはずです。

もはやひとごとではない温暖化。その防止にできる現実的な行動のひとつとして、野球ファンなら1つはもっておいて損はないアイテムなのではないでしょうか。