石のノンスリップ加工とは

石のノンスリップ加工は重要です。地面が石でできている場合、滑りやすいという問題があります。プールや風呂などはもちろんのことですが、最近では建物全体に石が使用されることが増えています。

タイルやコンクリート、あるいは風呂場でよく使用されるホーローはもちろんのこと、天然の御影石や大理石などは油断すると滑る危険性が高いものです。とくに雨が降った日など、石が濡れている場合はその危険性も増大することになります。

高齢化社会が社会問題化している現代社会、少しでも高齢者が暮らしやすい環境にする配慮が重要になってきます。その中でも「歩きやすい」というのはもっとも基本かつ重要なことだといえるでしょう。

ちょっとした原因ですべって転んでしまうことが取り返しのつかない大事故を起こしてしまうことだってあるのです。さらに1995年に施行された「PL法」によって転倒事故でけが人が出た場合、その施設の管理者が責任を問われるケースも起こりえるようになりました。

そのため、地面の滑り止め対策は欠かせないものになりつつあります。その対策として便利なのが石のノンスリップ加工です。この石のノンスリップ加工とは文字通り表面が石の地面に加工を施すことによって滑りにくくする作業のことを言います。

石のノンスリップ加工のメリット

この石のノンスリップ加工にはさまざまな方法がありますが、共通しているのは、見た目の外観を変更することなく、滑り止め効果をもたらすことができるということです。

一般的な石のノンスリップ加工は液剤を塗布することで行われます。これによって化学反応を起こさせ、表面にマイクロメートル単位のごくわずかなくぼみが作られます。このくぼみが滑りにくさをもたらすのです。

その効果は水に濡れた際にさらに高まります。くぼみに水が入ることで表面の張力が高まり、さらに滑りにくさがアップするのです。この石のノンスリップ加工は専門の業者に行ってもらう場合と、材料を購入して自分で行う場合とがあります。

業者に行ってもらうのがもっとも確実ですが、加工の作業はそれほど難しいものではないため、自分でもできます。作業は床面の洗浄、液剤の塗布、化学反応の間の放置、それから中和処理に水洗いと短時間ですみます。

幅広い石質に対応していること、メンテナンスの簡単に行えること、耐久性も高いことなど石のノンスリップ加工のメリットは多数あります。営利施設などの場合には工事によって営業に支障をきたすこともないというのも大きなメリットでしょう。

ゴムマットや滑り止めマットで対策を行っている人は石のノンスリップ加工をおすすめします。