人毛の買取の噂

人毛の買取についての話題が時々のぼることがあります。いろいろな場面で活躍しているカツラ。個人的な使用だけでなく、演劇や舞台、あるいはテレビドラマなどでも使用されます。

女性などはより手軽なウィッグなどでオシャレを楽しんでいる人も多いことでしょう。そんなカツラ、素材に使用されているのは主に本物の人毛とファイバーなどの人工毛とに大きく分けられます。

当然ですが、人毛を使用している方がより優れており、高級なカツラということになります。では本物の人毛を使用しているカツラの場合、その素材はどこから入手しているのでしょうか。

人毛の買取をしている業者がある、という噂が話題になることがあります。そういった業者に持ち込めば人毛を買い取ってくれるというのです。ただ、たいていの場合、そういった話は噂の域に留まっているものです。

では、実際に人毛の買取を行っている業者は存在するのでしょうか。結論から言えば、国内で人毛の買取は行われていないようです。かつては日本でも人毛を買い取る業者があり、良質の髪の毛は高く買い取ってくれたそうです。

しかし、現在、人毛を用いたカツラは外国人のものを使用しており、買取もその国で行われている状況です。とくに日本人に近い中国人の髪を使用したものが良質のカツラとされています。

人毛の買取を募集するアルバイト

話題になりました。これは番組は終わってしまったのですが「週間オリラジ経済白書」で実際に紹介されていたもので、その場で髪の毛をカットし、買い取ってくれるというアルバイトです。

気になる報酬は70p程度の髪で3万円程度の給料が支払われたようです。買い取られた髪の毛はエクステやウィッグなどに再利用されたようです。

人毛の買取は髪の毛をカットするだけでお金をもらえるのですから、おいしい仕事といえばいえるでしょう。しかし時間をかけて伸ばした髪の毛を切ってしまうのは相当の決意が必要になります。

3万円程度のお金が欲しくて伸ばした髪を切る人がどれだけいるのかを考えると疑問もあります。ちょうど失恋したとか、気分転換をしようとしていたといった人しか行わないでしょう。

国内で人毛の買取が行われなくなったのは生活が改善され、髪の毛を売ってまでお金の必要に迫られるような人がいなくなったことが大きな理由でしょう。髪の毛を売りたい、と考えている人にとっては残念なことかもしれませんが、仕方のないことなのではないでしょうか。