カナルパークホテルの口コミ情報

カナルパークホテル富山は富山県富山市牛島町にあります。富山駅北口より徒歩2分に位置する立地の良さで、富山駅南口からは地下道があります。

カナルパークホテル
豊かな自然に恵まれた地で、次世代型路面電車・富山ライトレールがすぐ目の前を走っています。

オークスカナルパークホテル富山は洗練された設備と機能を持った本格的シティホテルで、駐車場も68台(1,000円/1泊)ハイルーフ専用駐車場「第2駐車場」24台1泊1000円完備

会場は2Fに8室、4Fに3室があり、大型スクリーン、プロジェクター、ビデオ、DVDデッキ、音響設備、インターネットLANが完備されカナルパークホテル講演など多目的に利用でき便利です。

客室の口コミも上々でシングルからスイートまで居住性と機能性を重視した快適な部屋が用意されていて、シングルはゆったりと旅の疲れを癒せる約17.43uの部屋、2人で利用できるツインは約26.51uの広さで、備え付けの備品のほかにさまざまな貸し出し用品が用意してあります。

ダブルは14階にあるのですが、窓から呉羽山を一望でき、ユニバーサルルームは車椅子のまま利用できるのは嬉しい設備で、口コミで予約される方も多いようです。

広々としたスイート、リビング・ダイニングとベッドルームの2部屋を備えたロイヤルスイートもあって家族や彼氏・彼女との宿泊にはおすすめのホテルです。オークスカナルパークホテルの評判はいいのでこれからも口コミ情報を集めて掲載していきたいと思っています。

カナルパークホテルは講演にも最適

カナルパークホテルではよく講演が行われています。2008年8月24日に、京都橘大学父母の会 夏の地区別懇談会開催にあわせ文化講演会が催されました。

オークスカナルパークホテル
講師は文学部文化財学科教授で「青花の道」と題して青花磁気についての講演でした。そして、昨年のカナルパークホテル講演では、平成19年9月12日に富山県整形外科医学術講演会 特別講演「骨研究からみた骨粗しょう症と生活習慣病との接点」で講師は東京慈恵医科大学 整形外科講師と幅広い分野で利用されています。

その他にも「日本女性会議2008とやま」の第8分科会「ワーク・ライフ・バランス」仕事と生活の調和〜自分らしく生きるために〜が10月18日鳳凰で予定されていて、定員は150名、パネルディスカッションでコーディネーターは日本女子大学人間社会学部教授、パネリストはインテックホールディングス代表取締役会長、P&Gエクスターナル リレーションズマネージャー、富山労働局雇用均等室長、富山大学人間発達科学部教授の講演や

カナルパークホテル富山 鳳凰西の間で、第11A分科会「豊かな地域づくり」〜街なか暮らしの愉しみ〜 定員150名、講師 富山市長なども予定されています。