おおきく振りかぶって DVD動画シリーズ

おおきく振りかぶってDVDシリーズ1巻〜9巻が好評発売中です。おおきく振りかぶってDVDの原作は、ひぐちアサ著「おおきく振りかぶって」で、講談社月刊「アフタヌーン」に2003年より連載された野球漫画小説です。

おおきく振りかぶって

テレビアニメ、DSゲームにも登場、テレビアニメ化は2007年4月〜9・10月までTBS・毎日放送などで放送されていました。2006年に第10回手塚治虫文化賞「新生賞」を受賞、2007年には第31回講談社漫画賞一般部門受賞などの栄誉にも輝いています。

おおきく振りかぶってDVD動画は、甲子園優勝を目指す主人公たちの成長を描いた作品です。舞台は公立高校の新設硬式野球部、主人公の投手の性格は、これまでの主人公では考えられない弱気で卑屈な性格です。

メンタルトレーニングなどのスポーツ心理学に焦点をあててあり、各選手の感情の起伏などを繊細な描写で表現し、父母会や家庭など部活動以外の日常生活の場面も多く、これまでにない全く新しいタイプの野球漫画であることが高い評価を受けています。

おおきく振りかぶってのちょっとネタバレ?

物語は、発足したばかりの西浦高校の野球部の部員は新入生ばかり10名、しかも監督は若い女性という設定です。おおきく振りかぶってDVD主人公の「三橋 廉」は中学時代祖父が経営する群馬の三星学園のエース投手でしたが、チームメイトから経営者の孫だから「ひいき」されてエースをやらせてもらっていると言われ続けて、卑屈で暗い性格になってしまっています。

おおきく振りかぶってDVD
暗い思い出を払拭するために埼玉の西浦高校へと進学しますが、そこでもエースを任せられることになります。三橋 廉は自分をダメなピッチャーだと思い込んでいるのに、それでも投げ続けるマウンドに対する執着心を持っています。

捕手の「阿部 隆也」は観察眼に優れた頭脳派の捕手、走・攻・守の三拍子が揃った天才プレイヤーの「田島 悠一郎」は中学時代は関東中から選手が集まる名門ボーイズの4番だった選手で抜群の動体視力とバットコントロールで打率を稼いでいます。

「江口 勇人」は副主将で人当たりが良くて気配りを忘れない内野のまとめ役ともいえる存在、このほかにも個性の強い部員たちが揃っていて、さまざまな問題が生じてゆきますが、監督「百枝まりあ」は、部員たちを本気で甲子園に連れて行こうと情熱的で指導力・統率力に優れています。

主人公の三橋廉をはじめ、キャストそれぞれが少しずつ成長を遂げていく過程を見ることで、子供たちに限らず大人も学ぶことが多い、そんなおおきく振りかぶっての一ファンとして応援していきたいと思います。